「フィリピンの医学教育」の版間の差分

m
 
 
== 国家試験 ==
外国人は基本的に受験資格がないのでUSMLEを受験したり母国で受験する。しかし例外もあり1部の外国人アメリカ人や日本人などは、ハードルは高いがプロセスをふみ受験資格を取得できる場合もある。日本人を含めアメリカ国籍や永住権保持者以外の外国人(フィリピン国籍者は除外)は、最終的に就労ビザの問題があり、フィリピンから各々の国を経由せず、アメリカ臨床留学は不可能。これは、J1ビザをECFMGに申請するさい、各々の国の厚生労働省にStatement of Need(政府証明書)を発行してもらう必要があり、厚生労働省は、その国の医師でない限り、この政府証明書は発行しない。また、途中で医学部が廃校になったり、成績が思わしくなく放校になった場合の転校や編入を繰り返すと、アメリカのプログラムは、その経歴だけを見ただけで、受付てくれないので注意が必要ある。
 
== 臨床研修 ==
12

回編集