メインメニューを開く

差分

ハリガネムシ

サイズ変更なし, 3 年前
m
→‎生活史: 誤字修正 着→付
雄と雌が水の中でどのように相手を捜し当てるかは不明だが、雄と雌が出会うと巻き付き合い、オスは二叉になった先端の内側にある孔から精泡(精子の詰まった囊)を出し、メスも先端を開いて精泡を吸い込み受精させる<ref name="kawabata2" />。メスは糸くずのような卵塊(受精卵の塊)を大量に生む<ref name="kawabata2" />。
 
1,2か月かけて卵から孵化した幼生は川底で蠢き、[[濾過摂食|濾過摂食者]]の[[水生昆虫]]が取り込む。幼生は身体の先端にいたノコギリで腸管の中を進み、腹の中で「[[シスト]]」の状態になる。「シスト」は自分で殻を作って休眠した状態であり、-30℃の冷凍下でも死なない<ref name="kawabata2" />。
 
水生昆虫のうち、[[カゲロウ]]や[[ユスリカ]]などの昆虫が羽化して陸に飛び、[[カマキリ]]や[[カマドウマ]]などの陸上生物に捕食されると寄生し、2〜3か月の間に腹の中で成長する<ref name="kawabata2" />。また、寄生された昆虫は生殖機能を失う。成虫になったハリガネムシは宿主の脳にある種の[[タンパク質]]を注入し、宿主を操作して水に飛び込ませ、宿主の尻から出る<ref name="kawabata3">{{Cite news |title=「研究室に行ってみた。神戸大学 群集生態学 佐藤拓哉」第3回 寄生虫ハリガネムシはどうやって宿主の心を操るのか|newspaper=Webナショジオ |date=2014-11-06|author=川端裕人|url=http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20141031/422534/|accessdate=2015-03-26|agency=ナショナルジオグラフィック 日本語版|publisher=日経ナショナルジオグラフィック社|language=日本語}}</ref>。池や沼、流れの緩やかな川などの水中で自由生活し、交尾・産卵を行う。
2,523

回編集