「ミスラ」の版間の差分

ミタンニはインド系なので、そちらに移動
m
(ミタンニはインド系なので、そちらに移動)
本項では、イランでのミスラの他、インドのミトラやギリシア・ローマのミトラース(ミトラス)についても説明する。
 
== インド神話のミトラ ==
[[インド神話]]では、契約によって結ばれた「'''盟友'''」をも意味し、友情・友愛の守護神とされるようになった。また、[[インドラ]]神など他の神格の役割も併せ持った。『[[リグ・ヴェーダ]]』などでは[[ヴァルナ (神)|ヴァルナ]]とは表裏一体を成すとされる。この場合ミトラが契約を祝福し、ヴァルナが契約の履行を監視し、契約に背いた者には罰を与えるという。
 
[[ミタンニ]]文書でも、ミトラはヴァルナ、[[インドラ]]、[[アシュヴィン双神|ナーサティヤ]]とともに現れる<ref>{{cite journal|author=Paul Thieme|title=The 'Aryan' Gods of the Mitanni Treaties|year=1960|journal=Journal of the American Oriental Society|volume=80|issue=4|pages=301-317|jstor=595878}}</ref>。
 
後世のインド神話ではあまり活躍しない。[[アディティ]]の産んだ十二柱の太陽神([[アーディティヤ神群]])の一柱で、毎年6月の一カ月間、太陽戦車に乗って天空を駆けるという。
 
== 西アジアイランのミスラ ==
西アジアにおけるミスラについての最古の記述はミタンニ碑文で、ミトラMitraである。「ミスラ」という語形はインドのミトラに対応する[[アヴェスター語]]形で、[[パフラヴィー語]]では'''ミフル'''(Mihr)、[[ソグド語]]では'''ミール'''(M&#x012B;r)、[[バクトリア語]]で'''ミイロ'''(Miiro)という。西アジアではつねにアヴェスター語形で呼ばれたわけではない。中世はミフルとミトラという呼び方が一般的だった。アーリヤ民族の中では、古くからきわめて人気が高かった。古くは、契約・約束の神だったが、中世以降は友愛の神、太陽の神という性格を強めた。民間での信仰は盛んで、ミスラを主神とする教団も有った。ミトラ一神教という動きもあった。
 
== ゾロアスター教のミスラ ==
[[ユダヤ教]]の天使[[メタトロン]] (Metatron) の起源もミスラであるという説がある。メタトロンは神の住居といわれる第七天に住み、小ヤハウェともいわれるほどの実力者である。[[タルムード]]の賢者[[アヘル]]は、これを第二の神としたために[[異端|異端者]]とされた。一方のミスラも[[アフラ・マズダ]]を凌ぐほどの崇拝を受け、ゾロアスター教の正統に拮抗する勢力を保持した。また、ミトラの持つ「契約の神」「丈高き者」「万の目を持つ者」「万人の監視者」「太陽神」といった性格を、メタトロンも同じように保持していることが分かっている。メタトロンは「契約の天使」「非常な長身」「無数の眼の持ち主」「夜警」「太陽のような顔」といった性格を備えており、その異称「ミトロン (Mittron) 」からもミスラの影響がうかがえる。
 
== 関連項目脚注 ==
{{reflist}}
 
== 関連項目 ==
* [[神の一覧]]
* [[古代ローマ]]