「夢色パティシエール」の版間の差分

: 本作の主人公。1月5日生まれ。14歳。身長154cm。血液型はO型。神奈川県出身<ref>りぼんマスコットコミックス第4巻 番外編 154Pより(初出:りぼん・2009年春の大増刊号りぼんスペシャル)</ref>。Aグループ(チームいちご)のリーダー。スイーツフェスタで出会ったアンリ・リュカスの推薦で聖マリー学園日本校中等部2年のAグループに編入。そのため、スイーツ作りの経験は不足していたが、徐々に鋭い味覚と感受性を生かした力を発揮する。パティシエールを目指す理由はフランス土産の菓子を食べ感動を覚えたこと(アニメ版では小さい頃に亡き祖母の菓子を食べ感動したことに変更された)。アニメ版ではよく階段で転ぶなどドジな面が強調された。
: ケーキグランプリ後は、アンリの紹介でサロン・ド・マリーで働く。その後、聖マリー学園本校に留学するため、フランスに渡った<ref>原作ではチームいちごの留学は1年遅れだが、アニメでは優秀な成績から日本人Bとしてチーム天王寺と一緒に留学している。</ref>。卒業後もフランスに残り、樫野と共にパリに菓子店『ル・レーヴ・クルール』を開店し、その五年後、樫野と結婚した。
: 字幕放送の色は黄色。
; 樫野 真(かしの まこと)
: 声 - [[岡本信彦]]
: パートナー:ショコラ
: 4月18日生まれ。14歳。身長163cm。血液型はB型。聖マリー学園中等部2年生。Aグループに所属(チームいちご)。字幕放送の色は青色。[[チョコレート]]を用いた分野を得意とし、花房・安堂と共に「スイーツ王子」と呼ばれている。安堂とは幼馴染。技術的な部分については自他共に厳しく、感情表現は不器用である。背が低いことを気にしている<ref name=C>そのため、安堂の弟の一太がある理由で反目していた時には「'''チビ'''」(アニメでは「'''マー坊豆腐'''」)と侮蔑されていた。</ref>。和菓子作りは不得手<ref>彼の作った豆大福は他のメンバー全員に「マズイ」と言われる出来栄えだった。</ref>。また、「お嬢」のようなタイプの女性は苦手である<ref>小城美夜から一方的に強引なアプローチをされ、姉もまた同様に[[サディズム]]ぶりを発揮する性格であった。</ref>。先祖代々続いている医者の家で育ったため<ref>両親や親戚全員が医者で構成されている。</ref>、両親には幼い頃から医者になるように言われている。卒業まで首席を取り続けることを条件に聖マリー入学を渋々許可されており、一度でも成績を落とせば退学させられることから、学業もトップで卒業し一流の店を持つと心に決めていた。
: 聖マリー学園本校留学のためにフランスに渡航し、その五年後には最年少で[[ショコラティエ]]の賞を受賞した。
; 安堂 千乃介(あんどう せんのすけ)
匿名利用者