「私人逮捕」の版間の差分

 
==逮捕後の手続==
私人が逮捕を行った場合は、直ちに[[地方検察庁]]・[[区検察庁]]の[[検察官]]、又は[[司法警察職員]]([[司法警察員]]と[[司法巡査]])に引き渡さなければならない(刑事訴訟法214条)。
 
なお、司法巡査([[警察官]]だと概ね[[巡査]]・[[巡査長]])が私人から犯人の引き渡しを受けた場合は、司法警察員(警察官だと概ね[[巡査部長]]以上)に引致しなければならない(刑事訴訟法215条1項)。また、司法巡査は、逮捕した私人から、その者の氏名・住居、逮捕事由などを聞き取らなければならず、必要があれば、逮捕した者に警察署等官公署への同行を求めることができる(刑事訴訟法215条2項)。
匿名利用者