「国家総力戦」の版間の差分

 
== 概要 ==
国家総力戦は国家が[[国力]]のすべて、すなわち[[軍事力]]のみならず[[経済力]]や[[技術]]力、[[科学]]力、[[政治]]力、[[思想]]面の力を平時の体制とは異なる戦時の体制で運用して争う戦争の形態である。その勝敗が国家の存亡そのものと直結するために、途上で終結させることが難しく、またその影響は市民生活にまで及ぶという特徴がある。1935年に[[ドイツ]]の[[エーリヒ・ルーデンドルフ]]が『[[総力戦 (ルーデンドルフ)|国家総力戦]]』で論じられたために用語として定着したが、戦略思想としては[[カール・フォン・クラウゼヴィッツ]]の唱えた[[絶対戦争]]理論にその起源が見られる。歴史的に総力戦は[[南北戦争]]にその形態が既に見られ、軍事分野だけでなく、経済動員・[[海上封鎖]]・[[根こそぎ動員]]などあらゆる国力が戦争に運用された。
 
== 2度の世界大戦における戦争の質的変化 ==
匿名利用者