「ミスラ」の版間の差分

(→‎曜日名: Gharib)
 
== 曜日名 ==
ミスラ神の光明神としての性格が強調され、太陽と同一視された結果、[[パフラヴィー語|中世ペルシア語]]では[[日曜日]]のこともミフルと呼ぶようになった。これがソグド語に借用されてミールになり<ref>{{cite book|author=Yutaka Yoshida|authorlink=吉田豊|chapter=Sogdian|year=2013|editor=Gernot Windfuhr|title=Iranian Languages|publisher=Routledge|page=329}}</ref>(バクトリア語からの借用とも<ref>{{cite book|author=Badri Gharib|chapter=HAFTA|title=[[イラン百科事典]]|year=2012|volume=XI Fasc. 5|page=530}}</ref>)、「蜜」と漢訳された<ref>『宿曜経』下:日曜、太陽。胡名「蜜」、波斯名「曜森勿」、天竺名「阿你(泥以反)底耶(二合)」。</ref>。
 
[[宿曜道]]とともに[[平安時代]]の日本にも伝えられ、当時の[[具註暦]]では、日曜日に「密」「みつ」「みち」などと朱書きされていた。