「グラスノスチ」の版間の差分

m
→‎解説: 文法修正
m ((Script) File renamed: File:USSR stamp Perestroyka2 1988 5k.jpgFile:1988 CPA 5941.jpg File renaming criterion #6: Harmonize file names of a set of images (so that only one part of all names dif...)
m (→‎解説: 文法修正)
 
== 解説 ==
[[1986年]][[4月]]に起こった[[チェルノブイリ原発事故]]では、書記長であるゴルバチョフの元になかなか情報が届かず、ソ連の[[セクショナリズム]]・[[秘密主義]]が、国の最高指導者の行政にまで影響を与えている現実を突きつけた。業を煮やしたゴルバチョフによって、体制の硬直化による種々の社会問題を解決するために、[[言論]]・[[思想]]・[[集会]]・[[出版]]・[[報道]]などの[[自由化]]・[[民主化]]が行われた。
 
ペレストロイカ推進のためには従来の[[社会主義]]的[[イデオロギー]]の枠を超えた発想が求められた。そのため今まで抑圧され続けていた[[改革]]派の[[知識人]]をあるいは[[学者]]をペレストロイカに巻き込む必要があった。[[1986年]]末までには、一部の[[テレビ]]・[[新聞]]がソ連社会の問題点を率直に批判できるようになった。また、[[レオニード・ブレジネフ|ブレジネフ]]政権の[[アフガニスタン紛争 (1978年-1989年)|アフガニスタン侵攻]]を批判してゴーリキー(現・[[ニジニ・ノヴゴロド]])に幽閉されていた科学者[[アンドレイ・サハロフ]]も釈放された。
50

回編集