差分

ゲリラ

435 バイト除去, 2 年前
国際法上の位置づけ: 軍服を着脱する特殊部隊に関する記述を除去。ゲリラ戦とは無関係。過剰なリンクを外す
 
== 国際法上の位置づけ ==
遊撃ゲリラ戦は、正規軍同士の戦争で劣勢が明白な側が、敗北を認めずに続行する延長戦として用いることが多い。強国にとってゲリラ戦は弱い敵を屈服させにくくする障害でしかない。しかし、弱者にとってゲリラ戦は侵略に対する有効な戦法であり、中にはゲリラ戦によって独立を勝ち取った国もある([[インドネシア独立戦争]]など)。近代戦時国際法([[国際人道法]])の形成期には両者の対立があり、[[1874年]]のブリュッセル会議、[[1899年]]の[[万国平和会議|ハーグ会議]]で争われた。
 
この対立は、ゲリラ戦に従事した者が戦闘中、または非戦闘中に敵に捕らえられたときの[[捕虜]]待遇と直結するものである。ゲリラ戦否認はゲリラ兵を凶悪な殺人者として[[処刑]]して良いとする主張に道を開くが、ゲリラ戦を承認すればゲリラの[[戦闘]]参加が犯罪とみなされることはない。両者の妥協として生まれた諸条約は、基本的に後者の立場をとるが、[[民間人]]保護のために制限を課した。
 
[[ハーグ陸戦条約#第一款 交戦者|ハーグ陸戦条約]]は、責任を持つ長を持ち、遠方から認識できる[[記章|徽章]]を付け、公然[[武器]]を携行し、[[戦争]]の法規と慣例を遵守する[[民兵]]・[[義勇兵]]は交戦者資格を持つと定めた(1条)。また、占領地の人民が敵の接近に際して[[]]を組織する暇なく公然武器を携行し、戦争の法規と慣例を遵守するときには、これもまた、交戦者資格を持つとした(2条)。条件は、[[非戦闘員]]たる住民と[[戦闘員]]たるゲリラ兵を区別し、一般住民を装って接近してから突如武器を取り出して攻撃を加えるような背信を防ぐ意義を持つ。
 
しかし、これらの条件は、満たすことが難しいだけでなく、満たした場合においても敵国から戦闘員としての権利を否認されることが多かった。ゲリラは、[[制服]]や徽章を着用していない場合が多く、着用していても敵に制服・徽章としての効力を否定されることが多かったからである。
 
[[第二次世界大戦]]後、植民地からの独立のためにゲリラ戦を遂行する組織に交戦者資格を与えようとする動きが高まり、[[ジュネーヴ諸条約の追加議定書 (1977年)|ジュネーブ条約第一議定書]]で正規軍とゲリラに区別なく交戦者資格を与える規定が盛り込まれた。同議定書は、敵側の承認の有無にかかわらず政府・当局の下で武装され組織された集団を軍隊と定め、正規軍と非正規軍の区別を廃した(43条1項)。一般住民との区別のためには、攻撃準備行動中に敵に見られている間と交戦中に公然と武器を携行することを条件とした(44条)。
また、この条文は「戦闘時に、自身の所属する部隊を証明する[[軍服]]を着用していればよい」とも解釈でき、[[特殊部隊]]などは、自国の[[戦闘服]]の上に交戦国の服を着用して相手に接近し、戦闘直前に交戦国の服を脱ぎ捨てるという戦法をとるケースがあった。
 
この拡張を勘案しても、都市ゲリラが戦闘員として認められる余地はほとんどない。条約が課した条件を満たさない状態で戦闘した兵士が敵に捕らえられた場合、捕虜として遇されることはなく、その戦闘参加行為を犯罪として裁かれる。被捕縛者は一般の犯罪者として扱われ、判決を待たずして処罰することはできない([[ハーグ陸戦条約|ハーグ陸戦条約23条]])。ゲリラの嫌疑をかけたれた文民は、法的には文民とみなされる(第一追加議定書第50条第1項)。また、独立性および公平性を有する裁判所に下された有罪判決によらずして、刑を執行してはならない([[第二追加議定書]]第6条第2項)。
[[第二次世界大戦]]後、[[植民地]]からの[[独立]]のためにゲリラ戦を遂行する組織に交戦者資格を与えようとする動きが高まり、[[ジュネーヴ諸条約の追加議定書 (1977年)|ジュネーブ条約第一議定書]]で正規軍とゲリラに区別なく交戦者資格を与える規定が盛り込まれた。同議定書は、敵側の承認の有無にかかわらず政府・当局の下で[[武装]]され組織された集団を[[軍隊]]と定め、正規軍と非正規軍の区別を廃した(43条1項)。また、一般住民との区別のためには、攻撃準備行動中に敵に見られている間と交戦中に公然と武器を携行することを条件とした(44条)。
 
この拡張を勘案しても、都市ゲリラが戦闘員として認められる余地はほとんどない。条約が課した条件を満たさない状態で戦闘した[[兵士]]が敵に捕らえられた場合、捕虜として遇されることはなく、その戦闘参加行為を犯罪として裁かれる。被捕縛者は一般の犯罪者として扱われ、判決を待たずして処罰することはできない([[ハーグ陸戦条約|ハーグ陸戦条約23条]])。ゲリラとして嫌疑をかけたれた文民は、法的には文民とみなされる(第一追加議定書第50条第1項)。また、独立性および公平性を有する裁判所に下された有罪判決によらずして、刑を執行してはならない([[第二追加議定書]]第6条第2項)。
 
== ゲリラ戦に関する古典 ==
24,461
回編集