「岸本由豆流」の版間の差分

m
WP:BOTREQ {{NDLDC}} 導入
m (WP:BOTREQ {{NDLDC}} 導入)
 
== 人物 ==
寛政元年(1789年)、[[伊勢国]]朝田村において生まれる<ref name="kogaku">[http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/{{NDLDC|777862/27}} 『古学小伝 巻2』25丁]</ref><ref name="con">『コンサイス日本人名事典』401頁</ref>。朝田某の子という<ref name="kogaku" />。後に、[[幕府]][[弓弦]]師・岸本讃岐の養子となり、岸本大隅と称した<ref name="kogaku" /><ref name="con" />。
 
国学者・[[村田春海]]の門に入り、国学を学ぶ<ref name="kogaku" /><ref name="con" />。早くに家業の弓弦師を長男に譲って退隠し、考証・著作に専念したという<ref name="kogaku" /><ref name="con" />。著書に『万葉集考証』『土佐日記考証』『後撰集標注』などがある<ref name="kogaku" /><ref name="con" />。蔵書が3万巻に及んだという典籍の収集家でもあった<ref name="kogaku" /><ref name="con" />。
22,049

回編集