「徐葆光」の版間の差分

編集の要約なし
'''徐 葆光'''(じょ ほこう、[[1671年]] - [[1723年]])、字は亮直、号は澄斎。[[清]]の[[官僚]][[漢詩]][[道|書]]に堪能で、自ら二友老人と号した。
 
[[康熙]]10年(1671年)、[[江蘇省]]長洲県(現・[[蘇州市]])に生まれる。康熙51年(1712年)に一甲第三名[[進士]]として[[科挙]]に登第し、[[翰林院]]編修となる。康熙51年(1720年)、[[琉球王国]]に冊封副使として赴き、[[尚敬王]]を冊封した。帰国後に、約8ヶ月間の滞在記録を『[[中山伝信録]]』としてまとめた。[[雍正]]元年(1723年)没。
6,244

回編集