「浦上久松丸」の版間の差分

編集の要約なし
[[守護]][[赤松氏]]の本拠である[[置塩城]]に住んだとされる(「備前軍記」など)。
 
9歳になった時、[[備前国]]で大叔父・[[浦上宗景]]と対立する[[宇喜多直家]]により、正統な浦上家の当主として擁立され、[[岡山城]]へ迎えられた。その結果、配下の国人らの相次ぐ離反によって、宗景は天神山城から播磨国へと退去した。天正元年([[1573年]])東播磨の[[三木城]]主・[[別所長治]]の後援を受けて、黒田職隆に属する[[小寺高友|小寺休夢]]のいる[[増位山 (兵庫県)|増位山]]を攻撃する。職隆・休夢らは有明山城に入って交戦するが、別所勢はこれを破った。
 
一方で久松丸も、間もなく直家に毒殺されたとも伝えられる(美作沼本家文書、小寺家文書、「吉備前鑑」「備前記」など)。また「書写山十地坊過去帳」には、永禄10年([[1567年]])に父・二郎九郎とともに死亡したという記述がある。
6,244

回編集