「模倣品」の版間の差分

 
== 模倣品の現況 ==
模倣品や海賊版による被害の総額は全世界で年間約80兆円に上るとされる<ref name="wakaru">[http://www.mofa.go.jp/Mofaj/press/pr/wakaru/topics/vol16/index.html 外務省: わかる!国際情勢 Vol.16 模倣品・海賊版を取り締まれ! ~現状と模造品・海賊版拡散防止条約(ACTA)構想]{{dl|date=2015年8月}}</ref>。日本企業が受けた模倣品・海賊版による被害はアジアに集中しており、中でも中国が約70%と突出している<ref>{{PDFlink|[http://www.jpo.go.jp/torikumi/mohouhin/mohouhin2/jittai/pdf/2008_houkoku/higai_gaiyou.pdf 2008年度 模倣被害調査報告書]}}{{dl|date=2015年8月}} 特許庁</ref>。
 
模倣品や海賊版は、新製品を製造・販売する企業の利益を損なうことはもちろん、犯罪組織の資金源となったり、食品や医薬品の場合には健康被害を引き起こすなどの深刻な被害を引き起こすことが指摘されている<ref name="wakaru" />。