「フレッシュプリキュア!」の版間の差分

編集の要約なし
:2010年3月20日公開。本作品からは『DX』の3人に加え、キュアパッションが登場。また、四ツ葉町の人々達、隼人(ウエスター)と瞬(サウラー)、ティラミス、そして映画に登場したウサピョンとテディベア(&それをもらった少女)がモブとして登場。敵「ボトム軍団」では、ノーザが軍団員の参謀格として再生。
;[[映画 プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ! 世界をつなぐ☆虹色の花]]
:2011年3月19日公開。『DX2』の4人を初め、四ツ葉町の人々・隼人と瞬・映画に登場したマトリョーシカがモブ登場。一方、映画の敵・トイマジンが「浄化された悪心が敵首領・ブラックホールによって集められた」という形で「ダークライズ」<ref group="注">公開前発売の「スイートプリキュア♪&プリキュアオールスターズ まるごとブック」([[講談社]])に記載された設定名(劇中未呼称)。</ref>の一員として再生。
; [[映画 プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち]]
: 2012年3月17日公開。『DX3』の4人が全て声付きで登場。また、本編前半ではミユキとカオルちゃんが[[横浜市|横浜]](映画の舞台)の通行人役で登場し、中盤ではあゆみ・和希・沢などの町の人々が敵・フュージョンに襲われて横浜を逃げ惑う人として登場。