「山田裕仁」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
==戦績==
[[岐阜県立大垣商業高等学校]]在学中は陸上競技を行っており、競輪学校には適性試験で合格している。卒業成績も85位だったが、選手になって以後メキメキと頭角をあらわし成長していった。そして中部地区を代表する先行選手として、[[競輪の競走格付け#GIII (G3)|記念競輪]]でも多く優勝するなどの活躍を見せた。
 
当時横綱と呼ばれた[[吉岡稔真]](福岡・65期)、[[神山雄一郎]](栃木・61期)と並ぶほどの逸材と言われたが、なぜか長い間[[競輪の競走格付け#GI (G1)|特別競輪]]のタイトルには恵まれず、「[[無冠の帝王]]」とも呼ばた。
出場はならなかったが、2000年のシドニー五輪を目指し、最終選考会に出場。ナショナルチームのメンバーとして<ref>[http://jcf.or.jp/files/200302.pdf p.2 「ナショナルチーム」および「強化指定選手」の選考について] - シクリスムエコーNo.95 2003年2月号</ref>2001年の「ワールドカップ第3戦」(イタリア)で銀メダルを獲得するなどの結果も出した<ref>[http://hochi.yomiuri.co.jp/gamble/keirin/news/20140317-OHT1T00178.htm ダービー、競輪祭、GP連覇の山田裕仁が引退へ] - スポーツ報知、2014年3月18日</ref>。
 
特に[[2002年]]から翌[[2003年]]にかけての活躍はまさに神かり的で、日本の競輪史上に「山田時代」を築いたといえる。
 
=== その後 ===
その後は再びタイトルに恵まれない時期が続いたが、[[2007年]]4月、[[観音寺競輪場]]での[[ふるさとダービー]]を制し、3年4ヶ月ぶりのビッグレース制覇を果たした。[[2009年]]は[[東西王座戦]]の西王座決定戦で2着となったほか特別競輪の決勝に2度進出するなどで年間の獲得賞金が上位になったことから、[[2010年]]は自身初のS級S班格付となった。さらにはS級S班格付となった初レース[[SSカップみのり]]09を[[小嶋敬二]]の番手から抜け出して優勝し、2003年以来約6年半ぶりのGI勝利で史上3人目の40代(41歳6ヶ月)GI優勝を果たした。自力のレースは減っていった(脚質は「両」)。
 
[[2012年]]、近年は思うような成績を残せていないことや、ホームバンクである大垣競輪場での同年のGIII記念競輪にあっ旋されなかったことが引き金となり、選手生活からの幕引きの機会を計っていたという(この年の12月に同県の盟友・[[山口幸二]]が引退したが「(大垣から)ダブルでやめるのはまずい」ということから)<ref>日刊スポーツ、2014年3月22日10面 山田裕「すっきり」ラストラン</ref>。
 
=== 引退 ===
そして[[2014年]]のGI・[[第67回日本選手権競輪]]、地元・中部地区の[[名古屋競輪場]]で行われる大会を以ってラストランとする意という情報が、開催直前のスポーツ紙で取り上げられた<ref>[http://www.nikkansports.com/race/public_race/news/p-rc-tp1-20140317-1271474.html 山田裕仁ダービーで引退 GP3勝の名手] - [[日刊スポーツ]]、2014年3月17日付。</ref><ref>[http://www.nikkansports.com/race/public_race/news/f-rc-tp1-20140321-1273429.html 山田裕仁、ラストランは5着/名古屋] - 日刊スポーツ、2014年3月22日付。</ref>。
 
同大会4日目(3月21日)の1R・S級一般(2)を5着で終了後に記者会見を開いた。選手生活を振り返り2003年に優勝した平塚ダービー([[日本選手権競輪]])を、「一番の完成作品」と評した<ref>[http://www.e-shinbun.net/keirin/grade/2014/031842#yamada 引退記者会見] - イー新聞競輪</ref>。準決勝3個レースは吉岡の先行逃げ切りに始まり、神山も先行で辛くも3着で突破、山田も先行し1着<ref>[http://keirin.jp/pc/dfw/dataplaza/guest/raceresult?KCD=35&KBI=20030322&RNO=11 レース競走結果 2003/03/22(5日目)第11レース] - KEIRIN.JP</ref>。この準決勝戦を「一番の思い出」として挙げた<ref name="daily0527">[http://www.daily.co.jp/horse/2014/05/27/0006995717.shtml 【競輪】“帝王”山田裕仁が正式に引退] - デイリースポーツ、2014年5月27日付。</ref>。結果的に、決勝戦でこの3人が乗り合わせるものとしては、最後のレースだった<ref>[http://keirin.jp/pc/dfw/dataplaza/guest/FindKako?KCD=73&1=011812&2=011778&3=012250&KBI=20140329 過去同時出走検索結果] - KEIRIN.JP</ref>。
 
== エピソード ==
*[[神山雄一郎]]とは競輪学校の同期生(61期)であったが、学校時の成績は競輪学校入学前から実績があった神山が圧倒し、選手としての成長も早かったためか、山田は常日頃より神山をライバル視し、「神山君だけには負けたくない」と口ぐせのように言っていた。
*趣味の一つに[[競馬]]があり、[[地方競馬]]を中心として、[[馬主]]としても有名である。元[[騎手]]の[[安藤勝己]]とは中学校の先輩・後輩で、現在でも親交がある。また、[[プロレス]]観戦も趣味で、親友の[[山口幸二]]と頻繁に通う。さらに[[新日本プロレス]]の[[蝶野正洋]]らとも親交があり、[[nWoジャパン]]に属していた時期もある。
*大垣市内で「わのわ」という和食店を経営している。