「1957年ドイツ連邦議会選挙」の版間の差分

加筆
(加筆)
|-
|}
[[file:1957 federal german result.svg|300px|thumb|各党の議席比率。内側は前回議席で赤色がSPD、黄色がFDP、黒色がCDU/CSUである、灰色はDP。]]
*出典:[http://www.election.de/cgi-bin/tab.pl?datafile=btw57.txt Wahl zum 3. Deutschen Bundestag am 15. September 1957]
*超過議席は3議席
CDU/CSUが50.2%の得票率50%以上で過半数大きく獲得、戦後のドイツ史回り初めてかつ唯一となる連邦議会の単独過半を占める結果なっができ<ref>「ドイツの政党システム」、[[岩崎正洋]]『政党システムの理論と実際』(おうふう)240頁</ref>SPDも前回より支持を若干回復させ31.8%の得票を得た。1953年選挙からCDU/CSUとCDUの二大政党集団へ支持が集中する傾向が強まった結果、本選挙においてCDU/CSUとSPD、FDPの三党派以外に議席を得る事ができた政党はDPのみであったが、DPの議席はCDUとの選挙協力で辛うじて得る事ができたものであった。この選挙で事実上、CDU/CSUとSPDの2大政党集団に中間政党であるFDPを加えた「3党体制」が完成し、次の1961年選挙以降、1983年の選挙で「緑の党」が5%阻止条項を突破して議席を獲得するまで「3党体制」が継続することとなった。
 
== 出典 ==
13,333

回編集