「法輪寺 (奈良県斑鳩町)」の版間の差分

== 伽藍 ==
昭和25年、仏教考古学が専門であった[[石田茂作]](いしだ もさく、[[1894年]]-[[1977年]])が法輪寺を発掘・調査し、創建当時は東に金堂、西に塔が建つ、[[法隆寺]]式の[[伽藍]]配置で、平面規模は法隆寺の3分の2であったことがわかった。
* 西門
* 金堂
* 講堂(収蔵庫)