「リア王」の版間の差分

編集の要約なし
初演はシェイクスピアの属する[[グローブ座]]であると考えられる。
 
だが1681年ハム・テ([[:en:Nahum Tate|Nahum Tate]])によって改められた。テトは『リア王』を喜劇に仕立て上げ、話の筋を大幅に書き直した。例えば、リア王は最後に復位する、道化も下品という理由で登場しない。この改作は19世紀前半まで上演され、1838年にウィリム・チャールズ・マクレディ([[:en:William Charles Macready|William Charles Macready]])主演・演出によるシェイクスピア原作の『リア王』が上演されるまで続いた。
 
==登場人物==
匿名利用者