「姑息的治療」の版間の差分

: 主に疼痛等の症状を低減する目的で行われる、根治を目的としない手術の全て。
;; [[緩和照射]]
;;: [[放射線治療]]における姑息的治療。[[脳転移]]に対する中枢神経症状緩和、[[骨転移]]に対する疼痛緩和、縦隔腫瘍による[[気道]]・[[血管]]の狭窄、[[脊髄]]の圧などの症状の緩和を目的とする[[対症療法|対症的]]な治療法。がんの根治を目的とせず、[[QOL]]の改善や長期生存を得ることを目的とする。
; 風邪症候群に対する内服処方
: 解熱、咳止めなどの症状改善を目的とする。一方、風邪症候群に対する「根治的治療」にあたるのは、原因菌を特定した上で、効果のある[[抗生物質]]を処方することである。