「ウリチ族」の版間の差分

m
m (カテゴリ修正)
'''ウリチ族'''({{lang-uk|Уличі}}、{{lang-ru|Уличи}}、[[ベラルーシ語]]([[タラシケヴィツァ]]):{{lang|be|Улічы}})とは、8世紀から10世紀にかけて、[[ドニエストル川]]下流や[[南ブーフ川]]沿い、[[黒海]]沿岸に居住していた[[東スラヴ人|東スラヴ民族]]の部族である。[[年代記]]においては、ウリチ、ウルチ、ウグリチ、ウルチチ、リュチチ、リュチャネ等の異なる表記がなされている<ref name=kievrus>''Г. В. Вернадский'' История России. [http://www.spsl.nsc.ru/history/vernad/vol1/vgv181.htm Образование Киевской Руси (839—878 гг.)]</ref>{{refnest|group="注"|それぞれ、{{lang-ru|уличи, улучи, угличи, улутичи, лютичи, лучане}}からの音写による。なお本頁の「ウリチ族」は、歴史学的日本語文献の表記<ref>和田春樹『ロシア史』p17等</ref><ref>伊東孝之『ポーランド・ウクライナ・バルト史』p39等</ref>に従う。}}。
 
『[[原初年代記]]』には、「ウリチ族と[[チヴェルツィ族]]はドニエストル川のほとりに居住し、[[ドナウ川]]に接していた。その数は多く、[[ドニエストル川]]沿いに海(黒海)まで広がっていた」という主旨の記述がある<ref name='中村喜和p7'>中村喜和『原初年代記』// 『ロシア中世物語集』p7</ref>。ウリチ族の居住領域の中心都市はペレセチェニ[[:ru:Пересечень|(ru)ペレセチェニ]]であった。
 
10世紀の前半に、ウリチ族は独立性の保持をかけて[[キエフ大公国]]と戦ったが、結果的にはキエフの政権を承認し、その領域はキエフ大公国の一部に組み込まれた。その後、ウリチ族と、領域を接するチヴェルツィ族は、共に領域の北方に到来した[[遊牧民族]]の[[ペチェネグ族]]に圧迫され、西方の[[ヴォルィニャーネ族]]と融合した。970年代以降の年代記上に、ウリチ族に関する記述はみられなくなるが、それはペチェネグ族に滅ぼされ、消滅したためであると思われる<ref>和田春樹『ロシア史』p18</ref>。