「矮新星」の版間の差分

日本語訳が正しい事に出典
(不要と思われる外部リンクを除去)
(日本語訳が正しい事に出典)
[[ファイル:HTCas-LB1-2010Nov12.jpg|250px|thumb|right|2010年11月2日に爆発を起こし~13.4等級になったカシオペヤ座HT星]]
[[ファイル:HT_Cas-LC.jpg|250px|thumb|right|爆発中2010年11月4日のカシオペヤ座HT星の光学曲線。食による一時的な減光と降着円盤によるスーパーハンプが見られる。]]
'''矮新星'''<ref name="tenmongakujiten"/>(わいしんせい、{{lang-en}}Dwarf nova)nova<ref name="tenmongakujiten"/>)は、[[激変星]]の一種であり<ref ="GCVS">http://www.sai.msu.su/groups/cluster/gcvs/gcvs/iii/vartype.txt</ref>、[[白色矮星]]と通常の[[恒星]]の接近した[[連星]]から構成される。白色矮星には恒星から質量が転移され、[[降着円盤]]を形成している。'''ふたご座U型変光星'''とも呼ばれる。白色矮星が周期的に爆発的に明るくなるため、古典[[新星]]と似たように見えるが、メカニズムは異なる。即ち古典新星は降着円盤中の[[水素]]が[[熱核融合]]を起こして明るくなるのに対し、現在の理論では、矮新星は降着円盤の不安定性により、円盤中のガスの粘度が変化する臨界温度に達し、白色矮星上に崩壊して大量の[[重力]][[位置エネルギー]]を放出することで明るくなるとされる<ref name="CV intro">[http://home.mindspring.com/~mikesimonsen/cvnet/id1.html CVnet: "Introduction to CVs" (Accessed 4/17/06)]</ref><ref name="S&T">"Calibrating Dwarf Novae". ''Sky & Telescope'', September 2003, p. 20.</ref>。
 
矮新星は他の点でも古典新星と異なる。[[光度 (天文学)|光度]]は小さく、数日から数十日の周期で大きさも変化する<ref>http://home.mindspring.com/~mikesimonsen/cvnet/id1.html</ref>。爆発の際の光度は軌道周期と同じ周期で増大する。[[ハッブル宇宙望遠鏡]]を用いた最近の研究では、後者の性質によって、矮新星を宇宙の距離を測定する[[標準光源]]として用いることができると提案されている<ref name="CV intro" /><ref name="S&T" />。
== 出典 ==
{{脚注ヘルプ}}
<references>
{{reflist}}
<ref name="tenmongakujiten">{{Cite book|和書
|author =
|year =
|title = 天文学辞典 改訂増補第2刷
|edition =
|publisher = 地人書館
|page = 700頁
|isbn = 4-8052-0393-5
}}
</ref>
</references>
 
== 外部リンク ==
20,374

回編集