「田中玄宰」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
12歳で家を継ぎ、[[天明]]元年([[1781年]])に34歳で家老に任じられる。家老に任じられたとき、会津藩は[[天明の大飢饉]]であり、財政も窮乏化していた。玄宰は藩主容頌に領民の救済と藩政の改革を願い出たが受け入れられず、一時病と称して辞職。その間兵学や経済などについて研鑽、研究して一年後復権の際に藩政の大改革「天明の大改革」を提言し大きな成果をあげるとともに、藩校「[[日新館]]」を創設した。会津藩が文武ともに天下の雄藩となる基礎を築いた。会津藩が樺太出兵の最中に61歳でこの世を去った。遺言に「我が骨は鶴ヶ城と日新館の見えるところに埋めよ」と言った。墓はそれらを見渡せる小田山の山頂にある。
 
[[文化 (元号)|文化]]5年([[1808年]])、[[樺太]]での[[会津藩の北方警備]]の最中、死去。墓所は、遺言により小田山の山頂にある
 
家督は長男玄成が相続するも早世し、一瀬家の養子となっていた次男・玄古が帰家してその跡を相続した。
57

回編集