「広瀬永造」の版間の差分

m
(→‎経歴: 加筆)
 
==経歴==
[[兵庫県]]出身<ref name="re"/>。[[第三高等学校 (旧制)|第三高等学校]]を卒業。[[1922年]]11月、[[高等文官試験|文官高等試験行政科試験]]に合格。[[1923年]]、[[京都大学|京都帝国大学]][[京都大学大学院法学研究科・法学部|法学部]]法律学科を卒業。[[内務省 (日本)|内務省]]に入省し[[静岡県庁|静岡県]]属となる<ref name="re"/><ref name="ji">『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』238頁。</ref>。
 
以後、[[静岡県警察部|静岡県]][[警視]]、[[神奈川県庁|神奈川県]]勤務、[[福岡県庁|福岡県]]勤務、[[兵庫県庁|兵庫県]]勤務、[[宮崎県庁|宮崎県]][[書記官]]・[[宮崎県警察部|警察部]]長、[[高知県]]書記官・[[高知県警察部|警察部]]長、[[岡山県庁|岡山県]]書記官・[[岡山県警察部|警察部]]長、[[福岡県警察部]]長、[[兵庫県警察部]]長、[[大阪府警察部]]長、[[警視庁 (内務省)|警視庁]]警務部長などを歴任<ref name="re"/>。
19,349

回編集