「中野清 (政治家)」の版間の差分

編集の要約なし
|{{生年月日と年齢|1936|1|1}}
|[[埼玉県]][[川越市]]
|[[明治大学]][[政治経済学部]]卒業
|[[経済学士]]
|[[会社役員]]<br/>[[埼玉県議会議員]]<br/>[[川越市]]議会議員
|
|無
 
== 経歴 ==
[[1971年]]、[[保守]]系[[無所属]]の川越市議会議員として立候補し、市議会議員を連続2期務める。当時の[[埼玉県議会]]議員]]([[川越市]]選出)であった舟橋功一が衆議院選挙出馬時の川越市選挙対策責任者を担当した。舟橋が衆議院選挙落選後、支持者への相談が一切ないまま自由民主党を離党し[[新自由クラブ]]へ入党したため、中野は舟橋と袂を分かち、自身は保守系無所属の市議会議員として川越市議会副議長などを務めた。
 
[[1983年]]、埼玉県議会議員に初当選、連続3期トップ当選を果たした。中野本人が県議会議員であった当時の川越市を含む[[埼玉県第2区 (中選挙区)|旧埼玉2区]]では、保守系候補としては自由民主党の[[小宮山重四郎]]と新自由クラブの[[山口敏夫]]がいた。当時の中選挙区下では、自民党県議団の一員として活動した。当時の自民党埼玉県議団は、山口敏男系と[[土屋義彦]]系の2派が自民党県議団を構成していたが、中野は土屋義彦系の県議として活動した。県議を辞任する当時、中野は自由民主党埼玉県支部連合会広報副部長を担当していた。
[[Category:神道政治連盟の人物]]
[[Category:日本会議の人物]]
[[Category:明治大学出身の人物]]
[[Category:埼玉県出身の人物]]
[[Category:1936年生]]
匿名利用者