「高田眞治」の版間の差分

編集の要約なし
{{Otheruses|思想学者の高田眞治|テレビプロデューサー|高田真治}}
'''高田 治'''(たかた しんじ、[[1893年]][[8月6日]] - [[1975年]][[11月24日]])は、支那思想学者、元[[東京大学|東京帝国大学]]教授。
 
大分県宇佐町生まれ。1920年東京帝国大学漢学科卒、水戸高等学校教授、24年京城帝国大学予科教授、28-30年ドイツに留学、30年東京帝大助教授、米国、中華民国に留学、帰国後1934年教授、1936年[[文学博士]]となる。また1932年に漢学会を設立し、『漢学会雑誌』を創刊、国家主義的思潮に沿って東京帝大支那哲学文学科を指導、敗戦により教員不適格とされ、1948年退職。56年[[大東文化大学]]教授、63年定年となる。長い沈黙を経て、『[[詩経]]』の全注釈を上梓した。子は中国文学者の[[高田淳]]。
22,196

回編集