メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
2年近く映画界から離れ<ref name="ザイデル292,297">ザイデル、p.292,297</ref>、忘れられかけていたロミーに突破口を与えてくれたのは、かつての恋人アラン・ドロンだった。ドロンは[[ジャック・ドレー]]監督『[[太陽が知っている]]』([[1968年]])の相手役にロミーを指名<ref name="佐々木135">佐々木、p.135</ref>、。映画は撮影中に発生した[[マルコヴィッチ事件]]の話題性もあって、ロミーにとって久しぶりのヒット作となり、ロミーは劇的な[[カムバック]]を果たす<ref name="佐々木138-139">佐々木、pp.138-139</ref>。
 
翌[[1969年]]、『[[すぎ去りし日の…]]』ではじめて[[クロード・ソーテ]]監督とコンビを組む。この作品はかつての婚約者との共演やスキャンダルといった呼び物がないにもかかわらずヒットし<ref name="ユルクス127-128">ユルクス、pp.127-128</ref>、続くソーテ監督『はめる/狙われた獲物』([[1970年]] 日本未公開)では男たちを手玉に取る娼婦を演じてこの映画も成功<ref name="佐々木152">佐々木、p.152</ref>、ロミーはフランスで70年代を体現する女優と目されるようになる<ref name="佐々木145">佐々木、p.145</ref>。[[19711972年]]、[[ジョセフ・ロージー]]監督の『[[暗殺者のメロディ]]』で再度ドロンと共演。  
 
[[1972年]]、ヴィスコンティ監督が映画において、初めて史実に近いエリーザベトを描くことに成功した大作『[[ルートヴィヒ (1972年の映画)|ルートヴィヒ]]』でかつてそのイメージにつきまとわれ、[[トラウマ]]ともなった皇后エリーザベトを再び演じ、名匠ヴィスコンティが絶賛するほどの美しさと演技を見せた<ref name="佐々木161">佐々木、p.161</ref><ref name="ユルクス134">ユルクス、p.134</ref>。{{#tag:ref|エリーザベト皇后の真実の生涯を映画化する企画がヴィスコンティとの間に持ちあがったが、実現はしなかった<ref name="佐々木162">佐々木、p.162</ref><ref name="ユルクス286">ユルクス、p.286</ref>。|group=#}}
| どしゃ降り<br /> ''Qui?'' || マリナ ||
|-
|rowspan="32"|1971|| ストライカー/愛と栄光のフィールド<br />''Bloomfield'' || ニラ || 日本ではビデオ発売のみ<ref name="佐々木327">佐々木、p.327</ref>
 
|-
| [[暗殺者のメロディ]]<br />''The Assassination of Trotsky'' || ジタ・サミュエルズ ||
|-
| はめる/狙われた獲物<br />''Max et les Ferrailleurs'' || リリー || 日本ではビデオ発売のみ<ref name="佐々木327">佐々木、p.327</ref>
 
|-
|rowspan="23"|1972|| [[夕なぎ (1972年の映画)|夕なぎ]] <br />''César et Rosalie'' || ロザリー ||
|-
| [[暗殺者のメロディ]]<br />''The Assassination of Trotsky'' || ジタ・サミュエルズ ||
|-
| [[ルートヴィヒ (1972年の映画)|ルートヴィヒ]] <br /> ''Ludwig'' || [[エリーザベト (オーストリア皇后)|エリーザベト]] ||
23,728

回編集