「日興」の版間の差分

+告知→‎略歴: +{{要出典}}『富士一跡門徒存知事』『五人所破抄』,+lk五老僧→‎身延離山: +{{要出典範囲|宗祖の禁じた}}
(+告知→‎略歴: +{{要出典}}『富士一跡門徒存知事』『五人所破抄』,+lk五老僧→‎身延離山: +{{要出典範囲|宗祖の禁じた}})
{{Otheruses|人物|証券会社|SMBC日興証券}}
{{Buddhism}}
{{告知|提案|『富士一跡門徒存知事』概説を削除|section=疑問点}}
 
'''日興'''(にっこう、[[寛元]]4年[[3月8日 (旧暦)|3月8日]]([[1246年]][[3月26日]]) - [[元弘]]3年/[[正慶]]2年[[2月7日 (旧暦)|2月7日]]([[1333年]][[2月21日]]))は、[[鎌倉時代]]の[[僧侶]]。[[日蓮]]の高弟[[六老僧]]の一人であり、白蓮阿闍梨と称する。[[富士門流|日興門流]]の祖{{Sfn | 日蓮宗事典刊行委員会 | 1981 | pp = 650,651,747 | ps = -但し、宗祖より白蓮阿闍梨の名を賜ったこと(p.650)、没年月日と日興門流(富士門流)の祖であること(p.651)、六老僧であること(p.747)、のみ。 }}。[[大石寺|富士大石寺]]の[[開山 (仏教)|開山]]にして、[[日蓮正宗]]第二祖に列せられる {{Sfn | 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | 2002 | pp = 179,183,187 | ps = -但し、生年月日と日蓮正宗第二祖であること(p.179)、大石寺創建であること(p.183)、没年月日(p.187)のみ。}}。
 
* 正応3年([[1290年]])10月12日、[[南条時光]]の寄進により[[大石寺]]が建立し、翌日の10月13日、日興は日目に内々に法を付し{{Sfn | 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | 2002 | p = 183b }}、大石寺学頭として、第三祖[[日目]]が一門の統率をした。同年、弟子らにより宿坊が建立された。
* 永仁6年([[1298年]])2月、足かけ10年過ごした大石寺を離れ、日興は重須談所(大石寺近郊、現在の[[北山本門寺]])に移った{{Sfn | 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | 2002 | p = 185a }}。
* [[延慶]]2年([[1309年]])『富士一跡門徒存知事』を記す{{要出典|date=2015年9月}}。その中で、日昭・日朗・日向・日頂・日持の神社参詣・釈迦仏造立等の行為は、宗祖の本意ではないと強く主張。さらに、宗祖の法門が天台宗ではないことも主張{{疑問点|date=2015年9月|talksection=疑問点 }}
* [[嘉暦]]2年([[1328年]])『五人所破抄』を記す{{要出典|date=2015年9月}}。再度、[[日昭]][[日朗]][[日向 (日蓮宗)|日向]][[日頂]][[日持]]の行為が宗祖の本意ではないと主張{{Sfn | 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | 2002 | p = 185 }}
* [[正慶]]2年([[1333年]])1月13日、二十六箇条の『遺戒置文』をもって将来の指針を示し、2月7日、88歳をもって、35年に渡って住んだ重須にて死去した{{Sfn | 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | 2002 | p = 187 }}{{Sfn | 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | 2002 | p = 185b | ps = -但し、重須に35年に渡って住んだことのみ。}}{{Sfn | 日蓮宗事典刊行委員会 | 1981 | p = 651a | ps = -但し、没年月日と享年ならびに重須にて死去したことのみ。}}。
 
=== 身延離山 ===
弘安5年(1282年)の宗祖滅後、日興は久遠寺の輪番を軸に駿河を中心として甲斐・伊豆方面を布教{{Sfn | 宮崎英修 | 1978 | p = 220 | ps = -但し、輪番を軸とすることを除く。}}{{Sfn | 日蓮宗事典刊行委員会 | 1981 | p = 651b }}。同じく六老僧の一人[[日向 (日蓮宗) |日向]]や、日興の教化により入信したにも拘らず日向を師と選択した[[南部実長|波木井実長]]と対立した日興<ref>『原殿御返事』正応元年十二月十六日 日興筆。但し、波木井実長と日興に関することのみ。</ref>は、正応元年(1288年)身延の山を降りた{{Sfn | 日蓮宗事典刊行委員会 | 1981 | p = 651b }}{{Sfn | 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | 2002 | p = 182 }}。この原因の一つに、波木井実長が{{要出典範囲|宗祖の禁じた|date=2015年9月}}<!-- 四箇の謗法を宗祖が禁じたか否かについて、少なくとも『日蓮正宗入門』P.182には記載がありません。-->九品念仏の道場建立を行ったことが考えられている{{Sfn|宗旨建立750年慶祝記念出版委員会| 2002 | p = 182}}。
 
この際、日興が宗祖灰骨など一切を携えて下山したと日蓮正宗では主張している{{Sfn | 富士学林研究科 | 2006 | p = 156 }}{{Sfn | 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | 2002 | p = 116 }}。その一方で、日蓮宗はこれに反駁を加えている{{Sfn | 日蓮宗現代宗教研究所 | 2006 | pp = 68-82}}。
1,382

回編集