「成恭夏皇后」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
m編集の要約なし
'''成恭皇后'''(1136(せいきょうこうごう、[[1136]] - [[1167年]]7月20日)は、[[南宋]][[孝宗 (宋)|孝宗]]の皇后。姓[[諱]]は'''夏 雲姑'''(か うんこ)
 
== 生涯 ==
袁州宜春の人。夏協の娘。
 
初め、後宮に入り、[[高宗 (宋)|高宗]][[憲聖慈烈皇后|呉皇后]]の侍女を務めた。[[紹興 (宋)|紹興]]31年(1161年)、建王趙伯琮(のちの孝宗)に側室<ref>其時これより少し前に、趙伯琮は郡王から親王に上った。最初の妻の[[成穆皇后|郭氏]]は、郡王時代に早世した。</ref>として与え、斉安郡夫人に封ぜられた。孝宗が即位すると、賢妃に立てられた。翌年、皇后に冊立された。11人の親友たちにも官職が与えられた。
 
乾道3年6月25日(1167年7月20日)、崩御した。「安恭」と[[]]された。[[紹熙]]5年(1194年)10月29日、夫の諡を重ねて「成恭」と改諡された。
 
== 伝記資料 ==
<references />
 
{{デフォルトソート:せいきようこうこう}}
[[Category:南宋の皇后]]
[[Category:開封出身の人物]]
[[Category:1136年生]]
[[Category:1167年没]]