「助祭」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
[[File:Święcone2007.jpg|thumb|right|220px|[[復活祭]]に食物を[[聖別]]する助祭(左側の[[ストラ]]を襷掛にかけた白い服装の人物。[[ポーランド]]、[[2007年]])]]
[[File:Stoledeacon.jpg|thumb|right|220px|[[聖公会]]の執事。]]
'''助祭'''、'''補祭'''、'''執事'''({{Lang-en|deacon}})[[カトックスト会]]におけるにおける教会職務のひとつで、[[司祭]]につぐ職位。ラテン語ではdiaconusといい、ギリシャ語の{{lang|el|διάκονος}}(奉仕者の意)を語源とする。[[カトリック教会]]では、[[司祭]]につぐ職位。[[正教会]]では「[[輔祭]]」の訳語を、[[聖公会]]など[[プロテスタント]]では「[[執事 (プロテスタント)|執事]]」という訳語を用いている。
 
ラテン語ではdiaconusといい、[[トリエント公会議]]では「聖職位階の上位」であったが、[[第2バチカン公会議]]ではそれまで存在した[[副助祭]]、[[エクソシスト|祓魔師]]、[[読師]]、[[守門]]という四つの下級叙品が廃止されたため、現代では「聖職位階の下位」(『[[教会憲章]]』29項)となっている。
 
第二バチカン公会議以来、助祭を司祭への通過点や、ミサなどの[[典礼]]における単なる「司祭の補助」と見なすのではなく、助祭として固有の職務を再確認する方向に進んでいる。これに伴い司祭には叙階されず、既婚者もなりうる[[終身助祭]] (permanent deacon) の制度が復活し、最近では日本でも登場し始めている。