「全日本居合道連盟刀法」の版間の差分

全居連→全日居
(大日本居合道連盟刀法)
(全居連→全日居)
'''全日本居合道刀法'''(ぜんにほんいあいどうとうほう)とは、[[全日本居合道連盟]](全)が[[1956年]](昭和31年)に制定した[[居合道]]形のことである。'''全居連刀法'''あるいは単に'''刀法'''とも呼ばれる。
 
形の内容は、5流派から業を一本づつ採用し簡略化し各派の宗家・代表らによる承認を経ており、各流派の折衷をはかった[[全日本剣道連盟居合]]とは、対照的である。
 
全日本居合道連盟から分かれた大日本居合道連盟では、[[1988年]](昭和63年)に2本の業(幹竹、雁金)を加え大日本居合道連盟刀法として稽古している。
 
== 関連項目 ==
*[[全日本居合道連盟]]
 
*[[居合道]]
*[[抜刀術]]
63

回編集