「昌原郡」の版間の差分

* 1910年12月27日 - 鎮海が軍港に指定される。
* 1912年1月 - 熊中面・熊西面が合併し、鎮海面を設置。
* 1914年8月1日 - 郡面併合により、馬山府の開港地周辺の各国居留地および外西面たな[[馬山市|馬山府]]として分離編成。馬山府の残りの部分が'''昌原郡'''に改編。昌原郡に以下の面が成立(15面)。
** 鎮田面・鎮北面・鎮東面・亀山面・内西面・大山面・東面・北面・府内面・上南面・熊南面・鎮海面・熊邑面・熊東面・天加面
* 1918年1月(15面)
* 1931年4月1日 - 鎮海面が鎮海邑に昇格(1邑14面)。
* 1942年10月1日 - 昌原面・内西面・亀山面のそれぞれ一部が馬山府に編入(1邑14面)。
* 1955年9月1日 - 鎮海邑が市制施行し、[[鎮海区 (昌原市)|鎮海市]]となり、郡よりに昇格・分(14面)。
* 1973年7月1日(10面)
** 昌原面・上南面・熊南面および内西面・亀山面の各一部が[[馬山市]]に編入。
* 1995年1月1日
** 東面・北面・大山面が[[昌原市]]と合併し、新・昌原市が発足。
** 内西面・亀山面・鎮東面・鎮北面・鎮田面が馬山市と合併し、新・馬山市が発足。このうち亀山面・鎮東面・鎮北面・鎮田面は合浦区の管轄、内西面は会原区の管轄となった。
** 同日、これにより昌原郡消滅は廃止
 
== 下位行政区画 ==