「田中清玄」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
== 家族・親族 ==
=== 田中家 ===
:祖先「田中正玄」や「田中玄宰」また「田中土佐」の名で知られる会津藩家老[[田中玄清]]。玄清は[[会津藩]]主[[松平容保]]が京都に赴いたときに従い、警備のための[[京都見廻組|市中見廻り組]]をつくった(のちの[[新選組]]の母体となる)。家老田中玄清の下に[[蝦夷地常詰若年寄]]の[[田中玄純]](はるずみ)がおり、その子が[[田中源之進]](玄直:はるなお)。おなじく会津藩[[若年寄]]だった田中源之進は[[会津戦争]]の[[母成峠の戦い]]で[[大鳥圭介]]とともに砲兵隊長として指揮を執る。[[廃藩置県]]後は、[[函館市]]相生町七飯(ななえ)村に移り、[[開拓使]]の畑や実験農場をつくっていた。田中清玄の曾祖父にあたる。
*妻・'''ひで'''([[長野県]][[南佐久郡]][[佐久穂町]]出身、元日本共産党活動家)
*次男・'''[[田中愛治|愛治]]'''([[早稲田大学]]教授、[[政治学]]者)
57

回編集