「圧力容器」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (+cat)
m編集の要約なし
 
圧力容器の例としては以下のようなものがある。
*[[潜水]]用ボンベ
*再圧縮治療室(チャンバー)
*[[石油精製]]設備や[[石油化学]][[プラント]]の[[蒸留塔]]
*[[原子炉]]
*宇宙船や[[潜水艦]]の室内
*空気圧リザーバー
*貯油槽
*[[液化石油ガス|LPG]]をはじめとしたガス貯留タンク
 
工業分野では、圧力容器は設計圧力、設計温度と呼ばれる特定の圧力や温度で安全に操作できるよう設計されている。圧力容器としての設計が不十分な容器を高圧で使用することは、極めて重大な危険を招くことになる。このため圧力容器の設計や保証に関しては、各国で様々な規格によって管理されている。例えば、北米におけるASMEのボイラーおよび圧力容器規格(BPVC)、EUにおける圧力機器指令(PED)、カナダのCSA B51、および[[日本工業規格]](JIS)などである。
 
[[Category:機械|あつりよくようき]]
9,241

回編集