「長義和」の版間の差分

== エピソード ==
*[[中野浩一]]の[[世界自転車選手権]]10連覇は[[ステート・アマ]]と言われた[[東ヨーロッパ|東欧]]勢が参加できないことによるところが大きいといわれているが、当時の自転車関係者の間では、中野の敵はもっと身近なところにいると言われたのが長であり、仮に長がモントリオールオリンピック後に競輪界入りしていたならば、中野の連覇記録は10も行っていないだろうという声が一部にある。参考までに、[[日本サイクルスポーツセンター]]で中野と5回程、スプリントで非公式対戦しているが、全て長が勝っている<ref>日刊ゲンダイ2012年5月29日付(28日発行)の13ページ、『あの人は今こうしている 自転車競技で活躍した長義和さん』</ref>。
*中野と同じく「[[長澤義明|ナガサワ]]」のフレームを使用していた。
*長が辞退した競輪学校第41期には、後に中野、[[滝澤正光]]と並び競輪界の三強を形成することになる[[井上茂徳]]がいた。
*年齢制限にひっかかるからといって日本アマチュア界の第一人者をどうして競輪界は受け入れてやらないのかという声も一部にはあったが、当時の競輪界は規則一点張りで半ば聞く耳を持たずの状態で、長の一件があって以降も競輪学校の受験資格条件は変えられることがなかった。ところが五輪メダリストの[[清水宏保]]が後に長野オリンピック後に競輪界入りを希望しながらも年齢制限にひっかかり(当時24歳)受験さえできなかったことが分かってマスコミで大々的に問題視されると、漸く競輪界は受験資格の一部変更に踏み切り、また93期以降より競輪学校の受験資格に年齢の上限はなくなった。
匿名利用者