「先進型閉囲マスト/センサー」の版間の差分

編集の要約なし
(Ref)
[[File:USSArthurWRadfordDD-968.jpg|thumb|300px|スプルーアンス級駆逐艦「[[アーサー・W・ラドフォード (駆逐艦)|アーサー・W・ラドフォード]]」]]
'''先進型閉囲マスト/センサー'''(せんしんがたへいいマスト/センサー Advanced Enclosed Mast/Sensor, '''AEM/S''')とは、[[アメリカ海軍]]が開発した、艦船における[[ステルス性|ステルス]]性を考慮した[[マスト]]の装備方式である。
__TOC__
{{-}}
 
== 概要 ==
現代の軍艦のマストは高所に電波装置を設置する場所として重要であるが、敵のレーダー波に対して反射面積が大きくなり、ステルス性を損なっていた。そこで各国海軍では、マストの[[レーダー反射面積]](RCS)を減少する方法として、マスト全体を構造物で覆うことを研究している。
[[File:USSArthurWRadfordDD-968.jpg|thumb|300px|スプルーアンス級駆逐艦「[[アーサー・W・ラドフォード (駆逐艦)|アーサー・W・ラドフォード]]」]]
現代の軍艦のマストは高所に電波装置を設置する場所として重要であるが、敵のレーダー波に対して反射面積が大きくなり、ステルス性を損なっていた。そこで各国海軍では、マストのレーダー波反射面積(RCS)を減少する方法として、マスト全体を構造物で覆うことを研究している。
 
先進型閉囲マスト/センサー(Advanced Enclosed Mast/Sensor、'''AEM/S''')はこれらのうちのアメリカ海軍で実用化した技術の名称である。他国の軍艦でも同様の技術に対しては同じ名称で呼ぶことがある。