「配線用差込接続器」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎コンセント: 表記修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
{{redirect|コンセント|その他|コンセント (曖昧さ回避)}}
'''配線用差込接続器'''(はいせんようさしこみせつぞくき)とは、差込[[プラグ]]とプラグ受けで構成され、差込プラグをプラグ受けに抜き差しすることによって、[[配線]]とコード又はコード相互間の電気的接続および(又は)断路を随時容易にできるようにした接続器。日本では JIS C 8303-1993 で規格化されている。差込プラグ、コンセント、コードコネクタボディ、マルチタップに分けられる。日本では、定格電圧100Vから300V、定格電流50A以下、2極から5極のものは、[[電気用品安全法]](電安法)適用品である。
 
日本の電安法では、電気用品の技術上の基準を定める省令 別表第四6などに規定があり、[[日本工業規格|JIS]]では、JIS C 8303などに規定がある。[[国際電気標準会議|IEC]]ではIEC 60884など<ref>規定・規格一覧
匿名利用者