「シャシ (自動車)」の版間の差分

m
曖昧さ回避ページへのリンクを付け替え(ボンネットボンネット (自動車)
m (曖昧さ回避ページへのリンクを付け替え(ボンネットボンネット (自動車)))
シャシ (chassis) は[[フランス語]]で「フレーム」(枠)のことであり、自動車の骨格となる[[フレーム形式 (自動車)|フレーム]]自体を指す。自動車初期に[[英語]]でも使われるようになり、シャシという用語は、フレームに[[エンジン]]、[[トランスミッション]]、[[ドライブシャフト]]、[[ディファレンシャル]]、[[ステアリング]]ギア、[[サスペンション]]など、一連の走り装置を組み込んだ『車の基本構成部分』となる「ローリングシャーシ」を指すようになった。この意味でのシャシは[[漢字]]で[[車台]](しゃだい)と表記される。これに対する用語はボデーであり、漢字では[[車体]]である。
 
[[フレーム形式 (自動車)#セパレートフレーム|セパレートフレーム]]や[[フレーム形式 (自動車)#マルチチューブラーフレーム|マルチチューブラーフレーム]]方式では、ボデーは構造の点からはまったく必要のないもので、単にシャシ上に乗っている覆いである。[[貨物自動車|トラック]]などの[[商用車]]を製造する[[自動車産業|メーカー]]は、シャシのみ、[[ダッシュボード (自動車)|ダッシュボード]]から前([[ボンネット (自動車)|ボンネット]])とシャシのみ([[カウル]]シャーシ)、運転席とシャシのみ(キャブシャーシ)といった車両を出荷している。これにより、別途特別仕様のボデーが架装できる。この例として、[[キャンピングカー]]、[[消防自動車]]、[[救急車]]など挙げられる。
 
=== 構成 ===