メインメニューを開く

差分

少数事例などを追加
いわゆる[[風見鶏#風見安定|風見安定]]によって、航空機が[[ヨーイング|ヨー]]方向への安定性を保つ働きをする。胴体上部に取り付けられる一般的な垂直尾翼の場合、[[ローリング|ロール]]方向の静安定を強める効果もある。垂直尾翼は単純に発生する揚力で効果を推し量ることができないため、その指標として垂直尾翼容積という値が使用される。
 
機体の中心線上に1枚備わるものが基本だが、機体規模から必要となった面積と比較して全体の空力や強度構造の最適化から求められたり、[[ハンガー (航空)|格納庫]]の天井高さなどの制約によって、左右に並行に並べて2枚備える場合([[F-15 (戦闘機)|F-15]])、3枚備える場合([[ロッキード コンステレーション]])もある。その他の部位の空力との兼ね合いで、垂直尾翼が真上向けの文字通りの「垂直」ではなく、2枚構成でかつ外側向けて傾斜して装備される機体もある([[F/A-18 (航空機)|F/A-18]])
 
== 固定翼機 ==
 
ベントラルフィンの装着方法としては、[[F-105 (戦闘機)|F-105]]や[[MiG-21 (航空機)|MiG-21]]のように機体中心線に1枚の場合もあれば、[[F-8 (戦闘機)|F-8]]や[[ボーイング737 AEW&C]]のように機体下部左右に振り分けて2枚の場合もある。ベントラルフィンが装着される機体後部下側は離着陸時に地面と接近する箇所なため、あまり上下方向に大型化することは難しい。
 
事例は少数だが、胴体から離れた主翼の中ほどや{{仮リンク|エンジン・ナセル|en|Nacelle}}にベントラルフィンが装着されている機体もある。
 
== 回転翼機 ==
1,092

回編集