「中村芝翫 (4代目)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''四代目 中村 芝翫'''(よだいめ なかむら しかん、[[天保]]2年[[3月3日 (旧暦)|3月3日]]([[1831年]][[4月15日]]) - [[明治]]32年([[1899年]])[[1月16日]])は、[[歌舞伎役者]]。[[屋号]]は[[成駒屋]]。俗に「大芝翫」(おおしかん)と呼ばれた名優。[[立役]]・[[実悪]]・[[女形]]。
 
大坂[[道頓堀]]に歌舞伎役者[[中村富四郎]]の長男として生まれる。[[中村玉太郎]]、[[中村政之助]]、中村駒三郎の芸名を経て、[[1838年]]([[天保]]9年)、[[中村歌右衛門 (4代目)|四代目中村歌右衛門]]の養子となる。同年江戸に下り翌年3月、初代[[中村福助]]を名乗る。[[1860年]]([[万延]]元年)7月四代目[[中村芝翫]]を襲名。[[1863年]]([[文久]]3年)には[[守田座]]座頭になる。以後は江戸の舞台で活躍する。美しい容貌で、いくらがんばっても本物のように描けないと浮世絵師を嘆かせたという。人気も物凄く、名人と呼ばれた[[市川小團次 (4代目)|四代目市川小團次]]も、芝翫には勝てず、一時は大へ帰ろうかと思ったり、他の俳優が、彼を舞台でいじめる役が居なくなって困ったほどだった。その美しい姿は今日も錦絵や舞台写真で伺うことができる。
 
立役・実悪・女形を兼ね、時代物世話物も得意。ことに父四代目歌右衛門から仕込まれた所作事は絶品だった。しかし[[科白]]覚えが悪く、舞台では常に黒子が科白だしの後見をしていた。このことは、芝翫が初演時に演じた『[[青砥稿花紅彩画|白浪五人男]]』の南郷力丸でも「特に科白を覚えるのがきらいだ」と[[河竹黙阿弥|二代目河竹新七(黙阿弥)]]に書かれるほど知られていた。しかし複雑な踊りの手順はことごとく覚えていたという。後年、九代目市川團十郎と『二人道成寺』を踊った時は、團十郎が汗だくなのに対し芝翫は涼しげな顔で周囲を驚嘆させたという。
実生活でも逸話の多い人で、養子の四代目中村福助(後の[[中村歌右衛門 (5代目)|五代目中村歌右衛門]])が地球儀を見せて、ここが日本ですと教えると「べらぼうめ、日本がそんなに狭いわけがねえ」と怒り出す。そこでアメリカを指して日本ですと言ったら「あたりめえよ、そうでなくちゃいけねえ」と答えた。近所で火事が起ると、なにもかもほったらかして見物に行った。
 
温厚篤実な性格だったが、覇気に欠ける嫌いがあった。それがわざわいし、明治以降は古風な芸が時代に合わなくなっていった。また、口跡の悪さが年と共にひどくなり、科白覚えが悪いことが新作に向かないなどの理由で、大舞台からは遠ざけられ、小芝居に出るようになった。特に[[1893年]](明治26年)、巡業中の多治見で『[[隅田川続俤|法界坊]]』を上演中に足を負傷し、演技に支障をきたすようになるなど、ますます彩を欠き晩年は不遇であった。
 
それでも時折[[歌舞伎座]]の舞台に立った。実際の舞台に接した[[岡本綺堂]]は、芝翫の顔立ちの良さは[[市川團十郎 (9代目)|九代目團十郎]]の比ではないほど立派なもので、あの鋭い目で見得をすると他の俳優が光を失うと述懐している。