「古河城」の版間の差分

== 歴史・沿革 ==
===平安時代末~鎌倉時代(城の起源)===
[[平安時代]]末、[[源頼朝]]に従った武将・[[下河辺行平]]が古河の立崎(竜崎)に城館を築いた(『[[永享記]]』等<ref name = kigen>古河城の起源に関しては、『[[永享記]]』にある足利成氏の古河城奪回時の記述「此古河の城は昔日頼朝卿の御弓の師と聞へし下河辺荘司行平より、代々往ける旧館なり、城南東方に竜崎と云う所に、源三位頼政の廟有り」が有名。『[[鎌倉大草紙]]』にも「[[総州]]下河辺の城」等の記述がある。</ref>)。正確な時期は分らないが、行平が活躍し始めた1180年頃が目安となる。立崎は[[渡良瀬川]]とその東側に広がる沼地にはさまれた半島状の台地であった。<ref name = yarimizu53>鑓水柏翠(1986)、53 - 98頁(下河辺庄古河)</ref> <ref name = tsushi97>『古河市史通史編』97 – 122 頁(下河辺庄と古河)</ref> <ref name = yorimasa> [http://www.city.ibaraki-koga.lg.jp/0000001543.html 古河市公式ホームページ 史跡と寺院 頼政神社]</ref>  行平を荘司とする[[下河辺荘|下河辺庄]]は、[[茨城県]][[古河市]]、[[千葉県]][[野田市]]、[[埼玉県]][[幸手市]]・[[吉川市]]・[[三郷市]]など、渡良瀬川とその下流の太日川(今の[[江戸川]])に沿って広がっており、河川交通により結ばれていた。<ref name = tsushi97/>
 
このころ、[[以仁王の挙兵]]にて敗死した[[源頼政]]の首を従者([[下河辺行義]]?)が持ち帰り、立崎に葬ったと言い伝わる<ref name = yarimizu53/> <ref name = tsushi124>『古河市史通史編』124 – 125 頁(頼政神社縁起)</ref>。近世古河城では頼政曲輪の[[頼政神社]]になる。
匿名利用者