「スペースシャトル・エンタープライズ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
試験終了後、[[国立航空宇宙博物館]]別館に展示されていたが、その間にほかのオービタの修理に使うため、機体の一部が取り外された。スペースシャトルが全機退役した後、[[ディスカバリー (オービタ)|ディスカバリー]]が同館で展示され、エンタープライズはニューヨークの[[イントレピッド海上航空宇宙博物館]]に移されることになった<ref>{{cite news|url=http://www.asahi.com/science/update/0413/TKY201104130082.html|title=退役シャトルの「終の棲家」4カ所発表 初飛行30周年|publisher=[[asahi.com]]|date=2011-04-13|accessdate=2011-07-12}}</ref>。2012年4月24日、エンタープライズはボーイング747の背に乗せられたままニューヨーク市上空をデモ飛行し<ref>[http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2875160/8864540 スペースシャトル試験機「エンタープライズ」、マンハッタン上空をラストフライト (AFP BB NEWS)]</ref> 、同年6月にイントレピッドへ搬入された<ref>[http://www.cnn.co.jp/fringe/30006873.html 米シャトル「エンタープライズ」、船でNYの博物館に到着 (CNN)]</ref>。
<gallery>
Image:Haise i Fullerton podczas programu Approach and Landing Test GPN-2000-001421.jpg|エンタープライズと滑空実験クルー 左側の腕を組んでいる人物が[[フレッド・ヘイズ]] 右側はゴードン・フラートン
Image:Voo Enterprise.jpg|[[スペースシャトル輸送機]]から空中分離するエンタープライズ
</gallery>
匿名利用者