「井原裕 (精神科医)」の版間の差分

m
微修正
m (微修正)
}}
 
'''井原 裕'''(いはら ひろし、[[1962年]] - )は、[[日本]]の[[医学者]]、[[精神科医]]。専門は[[精神病理学]]、[[司法精神医学]]、[[精神療法]]。[[獨協医科大学]][[医学部越谷病院こころの診療科]][[教授]]。[[博士(医学)]]、[[Ph.D.]]<ref name="gekirei">[[#井原裕 (2009) |井原裕 (2009) ]] 巻末</ref>。
 
[[宮本忠雄]]の処女作『精神分裂病の世界』(紀伊國屋書店・1977年)に引かれて[[精神医学]]を志した。後に[[自治医科大学]]で直接宮本に師事し、[[精神病理学]]を学んだ<ref>[[#井原裕 (2009) |井原裕 (2009) ]] p.246</ref>。その後[[ケンブリッジ大学]][[大学院]]に留学し、[[ジャーマン・ベリオス]]博士のもとで研鑽を積んだ。論文 “Dysexecutive Syndrome in Clinical Psychiatry”(Department of Psychiatry, University of Cambridge)で[[Ph.D.]] 取得。刑事・民事の精神鑑定を数多く行っている<ref name="shimazaki">[[#井原裕 (2006) |井原裕 (2006) ]] 巻末</ref>。[[精神療法]]的接近を心掛けており、薬に頼りきりではない精神科臨床を実践している。
7,267

回編集