「大潮 (駆逐艦)」の版間の差分

m
誤字修正(艤装委員長→艤装員長)
(アジア歴史資料センター資料追加(人事について補足)、参考文献1冊追加)
m (誤字修正(艤装委員長→艤装員長))
 
==艦歴==
[[舞鶴海軍工廠]]で[[1936年]](昭和11年)8月5日に起工<ref>[[#第4215号大潮]]p.2『龍骨据付ノ日 昭和十一年八月五日』</ref>。[[1937年]](昭和12年)4月19日に進水<ref>[[#艦船要目公表範囲(昭和16年6月30日)]]p.20『大潮(艦要目略)舞鶴工廠|11-8-5|12-4-19|12-10-31|(兵装略)』</ref>。10月5日附で[[山代勝守]]艤装員長は正式に大潮艦長に任命された<ref name="jirei68">{{アジア歴史資料センター|C13072072400|昭和12年10月5日付 海軍辞令公報(部内限)第68号 p.7}}</ref>。本艦は10月31日に竣工<ref>[[#日本軍艦集2600年版]]p.39『一等驅逐艦 山雲(やまぐも) 基準排水量1,500噸、長さ108.55米、幅10.15米、平均吃水2.75米、速力34節、備砲12.7糎砲6門、魚雷發射管8門、起工昭和11年11月4日、進水昭和12年7月24日、竣工昭和13年1月15日、建造所藤永田造船所-満潮と同型。同型艦朝潮は昭和12年8月31日竣工、大潮は同年10月31日竣工。』</ref>。
 
1937年(昭和12年)11月15日、[[予備役#予備艦船|第三予備艦]]となり[[佐世保海軍工廠]]で[[蒸気タービン]]機関の改造工事を実施した([[朝潮型駆逐艦#臨機調事件|臨機調事件]])。
[[1938年]](昭和13年)1月20日附で山代中佐は朝潮型8番艦「[[峯雲 (駆逐艦)|峯雲]]」艤装員長へ転出、駆逐艦「[[太刀風 (駆逐艦)|太刀風]]」艦長[[勝見基]]少佐が本艦駆逐艦長に任命された<ref name="jirei125">{{アジア歴史資料センター|C13072073300|昭和13年1月20日付 海軍辞令公報(部内限)第125号 p.23}}</ref>。
3月20日附で勝見少佐(大潮艦長)は朝潮型3番艦「[[満潮 (駆逐艦)|満潮]]」艦長を兼務することになった<ref name="jirei220">{{アジア歴史資料センター|C13072073500|昭和13年3月20日付 海軍辞令公報(部内限)第154号 p.48}}</ref>。
8月3日附で勝見少佐は[[白露型駆逐艦]]1番艦「[[白露 (白露型駆逐艦)|白露]]」艦長へ転出<ref name="jirei220">{{アジア歴史資料センター|C13072074200|昭和13年8月3日付 海軍辞令公報(部内限)第220号 p.16}}</ref><ref group="注釈">勝見基中佐は、1943年(昭和18年)1月15日、陽炎型14番艦[[谷風 (陽炎型駆逐艦)|谷風]]艦長としてガダルカナル島輸送作戦従事中に戦死。</ref>。朝潮型1番艦「[[朝潮 (朝潮型駆逐艦)|朝潮]]」艦長[[脇田喜一郎]]少佐が本艦駆逐艦長を兼務することになった<ref name="jirei220"/>。
12月15日附で脇田中佐は[[吹雪型駆逐艦]]1番艦「[[吹雪 (吹雪型駆逐艦)|吹雪]]」艦長へ転出<ref name="jirei273a">{{アジア歴史資料センター|C13072074800|昭和13年12月15日付 海軍辞令公報(部内限)第273号 p.26}}</ref><ref group="注釈">脇田喜一郎中佐は、朝潮型駆逐艦5番艦[[朝雲 (駆逐艦)|朝雲]]や陽炎型駆逐艦8番艦[[雪風 (駆逐艦)|雪風]]艦長を務めたのち、1944年(昭和19年)11月25日に第41駆逐隊司令として秋月型駆逐艦[[霜月 (駆逐艦)|霜月]]沈没時に戦死(少将)。</ref>。[[神風型駆逐艦 (2代)|神風型駆逐艦]]「[[疾風 (2代神風型駆逐艦)|疾風]]」艦長[[飛田健二郎]]少佐が本艦駆逐艦長に任命された<ref name="jirei273b">{{アジア歴史資料センター|C13072074800|昭和13年12月15日付 海軍辞令公報(部内限)第273号 p.31}}</ref>。
[[1939年]](昭和14年)5月20日附で飛田少佐(大潮駆逐艦長)は朝潮型1番艦「朝潮」艦長も兼務することになった<ref name="jirei338">{{アジア歴史資料センター|C13072075700|昭和14年5月20日付 海軍辞令公報(部内限)第338号 p.45}}</ref>。
10月15日附で飛田艦長は白露型駆逐艦7番艦「[[海風 (白露型駆逐艦)|海風]]」艦長へ転出<ref name="jirei391">{{アジア歴史資料センター|C13072076400|昭和14年10月15日付 海軍辞令公報(部内限)第391号 pp.21-22}}</ref><ref group="注釈">飛田健二郎中佐は、太平洋戦争開戦時の陽炎型駆逐艦[[雪風 (駆逐艦)|雪風]]艦長。</ref>。同時に海風艦長だった[[渡邉保正]]少佐が大潮駆逐艦長に任命された<ref name="jirei391"/>。
11月1日、第8駆逐隊に編入、15日に[[第二艦隊 (日本海軍)|第2艦隊]][[第二水雷戦隊|第二水雷戦隊]]に編入され、以後[[中国]]方面で活動した。
 
[[1940年]](昭和15年)9月16日附で渡邉中佐は陽炎型駆逐艦16番艦「[[嵐 (駆逐艦)|嵐]]」艤装員長へ転出<ref group="注釈">陽炎型[[初風 (駆逐艦)|初風]]艦長。1943年(昭和18年)12月18日、第1駆逐隊司令として駆逐艦[[沼風 (駆逐艦)|沼風]]沈没時に戦死。</ref><ref name="jirei530">{{アジア歴史資料センター|C13072078800|昭和15年9月16日付 海軍辞令公報(部内限)第530号 p.40}}</ref>。朝潮型7番艦「[[夏雲 (駆逐艦)|夏雲]]」艦長[[塚本守太郎]]少佐が本艦駆逐艦長を兼務する<ref name="jirei530"/><ref group="注釈">塚本中佐は、1942年(昭和17年)10月12日、夏雲沈没時に戦死([[サボ島沖海戦]])。</ref>。
11月15日附で塚本中佐は任を解かれ、白露型駆逐艦9番艦「[[江風 (白露型駆逐艦)|江風]]」駆逐艦長[[吉川潔]]中佐が本艦駆逐艦長に任命される<ref name="jirei555">{{アジア歴史資料センター|C13072079500|昭和15年11月15日付 海軍辞令公報(部内限)第555号 pp.13-14}}</ref>。
太平洋戦争直前の1941年(昭和16年)9月1日、第8駆逐隊司令は[[森下信衛]]大佐(補軽巡洋艦[[大井 (軽巡洋艦)|大井]]艦長)から[[阿部俊雄]]大佐(前職軽巡洋艦[[五十鈴 (軽巡洋艦)|五十鈴]]艦長)に交代した<ref name="jirei701">{{アジア歴史資料センター|C13072075700|昭和16年9月1日付 海軍辞令公報(部内限)第701号 p.3}}</ref>。
8月13日、前月7月5日に米潜水艦[[グロウラー (潜水艦)|グロウラー]] (''USS Growler, SS-215'')の雷撃により大破した朝潮型9番艦「[[霞 (朝潮型駆逐艦)|霞]]」が舞鶴に到着<ref>[[#S1708舞鎮日誌]]p.5『(a)損傷復舊工事 大潮、那珂工事=豫定通進捗中/霞工事=損傷復舊工事ノ爲本月十三日入港目下損傷部調査中 (b)利根筑摩ノ整備工事ハ六日完成シ作戰地ニ向ケ進出セリ 夕風(二十一日)、室戸(二十四日)ハ附記ノ通入稿以來極力進捗中』</ref>。
8月20日附で友重中佐(舞鶴防備隊副長、大潮艦長、那珂副長)は霞駆逐艦長も兼務することになった<ref name="jirei926">{{アジア歴史資料センター|C13072086600|昭和17年8月20日付 海軍辞令公報(部内限)第926号 pp.44-45}}</ref>。
9月3日、グロウラーの雷撃で「霞」と共に大破した陽炎型2番艦「[[不知火 (陽炎型駆逐艦)|不知火]]」が舞鶴に到着<ref>[[#S1709舞鎮日誌]]p.5『(a)損傷復舊工事 大潮、那珂及霞ノ特定修理、損傷復舊工事ハ前月ニ引續キ豫定通順調ニ進捗シツツアリ/不知火九月三日入港損傷調査竝修理實施準備ヲ爲シツツアリ』</ref>。9月10日附で、大潮艦長および霞艦長職務は友重中佐から[[杉岡幸七]]中佐(陽炎型駆逐艦12番艦[[磯風 (陽炎型駆逐艦)|磯風]]初代艦長等)に交代<ref name="jirei939">{{アジア歴史資料センター|C13072086800|昭和17年9月10日付 海軍辞令公報(部内限)第939号 pp.32-33}}</ref>。また同日附で不知火駆逐艦長[[赤澤次壽雄]]中佐は秋月型4番艦「[[涼月 (駆逐艦)|涼月]]」艤装員長へ転出したため、杉岡中佐は不知火艦長も兼務することになった<ref name="jirei939"/>。
1942年(昭和17年)10月20日、修理を終えた「満潮」が第8駆逐隊に編入される<ref>[[#内令昭和17年10月(4)]]pp.10-11『内令第千九百三十四號|驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年十月二十日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第八驅逐隊ノ項中「荒潮」ノ下ニ「、満潮」ヲ加フ|第三十驅逐隊ノ項中「弥生、」ヲ削ル』</ref>。同時に第8駆逐隊司令として[[山代勝守]]大佐が着任<ref name="jirei968">{{アジア歴史資料センター|C13072087400|昭和17年10月20日付 海軍辞令公報(部内限)第968号 p.1}}</ref><ref group="注釈">山代勝守大佐は、本艦初代駆逐艦長。</ref>。第8駆逐隊(満潮、朝潮)は[[ガダルカナル島の戦い]]に参加するため[[ソロモン諸島]]へ進出したが、「満潮」は11月13日に[[ショートランド諸島]](ショートランド泊地)で空襲を受け大破した([[第三次ソロモン海戦]])<ref name="海軍駆逐隊154">[[#海軍駆逐隊(2015)]]154-155頁『戦績は永遠に』</ref>。
その頃の舞鶴海軍工廠は、島風型「島風」、秋月型「初月」、夕雲型駆逐艦複数隻の建造と、「那珂、大潮、霞(8月13日舞鶴着)、不知火(9月3日舞鶴着)、[[初春 (初春型駆逐艦)|初春]](11月6日舞鶴到着)」等の修理工事に追われていた<ref>[[#S1711舞鎮日誌]]p.5『(a)損傷復舊工事 大潮、那珂、霞及不知火ハ概ネ豫定通進捗中/初春六日入港工事ニ着手シ中央要求ニ即應極力工事促進中』</ref>。
[[2月20日]]、「大潮」は輸送船団護衛中に[[アドミラルティ諸島]]の[[マヌス島]]沖で米潜水艦[[アルバコア (SS-218)|アルバコア]] (''USS Albacore, SS-218'') の雷撃で大破。姉妹艦「荒潮」に曳航されて避退を開始する(20日17時時点の位置{{coord|00|55|S|147|08|E|}})<ref>[[#S1712四水戦日誌(4)]]p.41『二十日二三五五(長官)2F(宛略)AdB電令作第一四八號 (司令官)4sdハ明二十一日早朝麾下駆逐艦一隻ヲ派遣シ成ルベク速ニ「トラツク」回航中8dg(朝潮大潮)被曳航中ニ合同シ之ガ警戒ニ任ゼラレ度二十日一七〇〇ノ位置〇度五五分南一四七度八分東針路三〇度速力八節』</ref>。だが2月21日朝、曳航中に船体が断裂、沈没した<ref>[[#S1709八艦隊日誌(5)]]p.32『二月二十日 大潮「アドミラリテイ」諸島北方海面ニ於テ雷撃ヲ受ケ航行不能朝潮之ヲ「トラック」ニ曳航中二十一日船体切断沈没ス』</ref><ref>[[#S1712四水戦日誌(4)]]p.21『二一(天候略)一.(司令)村雨AdB電令作第一四八號ニ依ル8dg(荒潮大潮)警戒ノ爲出港セシモAdB電令作第一五〇號ニ依リ取止メラレトラツクニ皈投ス(大潮沈没)/二.春雨〇二〇〇波浪ノ爲全部屈折垂下〇九一〇前部ヲ切断ス』</ref>。戦死者8名(士官1、下士官兵7)<ref name="海軍駆逐隊154"/>。佐藤司令は第8駆逐隊司令駆逐艦を「荒潮」に変更し、大潮乗組員を収容してラバウルに帰投した<ref>[[#S1712四水戦日誌(4)]]p.45『二十一日〇六五〇(司令)8dg(宛略)大潮乗員全部救助シ機密書類整理ス司令旗ヲ荒潮ニ移シ「ラボール」ニ向フ護衛艦ヲ復皈サレ度』</ref>。同隊は3隻編制(朝潮、荒潮、満潮)となる。
 
3月15日附で廣瀬中佐は大潮駆逐艦長職を解かれた<ref name="jirei1072">{{アジア歴史資料センター|C13072090000|昭和18年3月15日付 海軍辞令公報(部内限)第1072号 p.48}}</ref>。その後、3月20日附で島風型駆逐艦「[[島風 (島風型駆逐艦)|島風]]」(舞鶴海軍工廠で建造中)艤装員長に任命される<ref name="jirei1076">{{アジア歴史資料センター|C13072090100|昭和18年3月20日付 海軍辞令公報(部内限)第1076号 p.16}}</ref>(5月20日附で島風駆逐艦長)<ref name="jirei1111">{{アジア歴史資料センター|C13072090900|昭和18年5月20日付 海軍辞令公報(部内限)第1111号 p.34}}</ref>。
 
4月1日、駆逐艦「大潮」は帝国駆逐艦籍から除籍<ref>[[#内令昭和18年4月(1)]]pp.28-29『内令第五百八十二號|横須賀鎮守府在籍 驅逐艦 村雨、驅逐艦 朝潮、驅逐艦 大潮、驅逐艦 荒潮、驅逐艦 峯雲|呉鎮守府在籍 驅逐艦 白雪、驅逐艦 時津風|右帝國駆逐艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 伊號第一潜水艦、伊號第十八潜水艦 右帝國潜水艦籍ヨリ除カル|昭和十八年四月一日 海軍大臣 嶋田繁太郎』</ref>。
4,097

回編集