「ヴァッラブバーイー・パテール」の版間の差分

編集の要約なし
|退任理由2 = 死去
}}
'''"サルダール"<ref>[[ヒンディー語]]、[[ウルドゥー語]]、[[ペルシャ語]]で「[[チーフ]]」を意味する[[尊称]]。</ref>・ヴァッラブバーイー・パテール'''([[グジャラート語]]:વલ્લભભાઈ પટેલ、[[1875年]][[10月31日]] – [[1950年]][[12月15日]]) は[[インド]]の[[政治家]]。[[インド国民会議]]所属。[[法廷弁護士]]でもあった。[[ジャワハルラール・ネルー]][[インドの首相|初代首相]]の下で[[副首相]]・[[内務大臣]]を務め、[[インド・パキスタン分離独立]]に際しては多くの[[藩王国]]を巧みな手腕でインドに帰属させ、'''インドの鉄の男'''、'''インドの[[オットー・フォン・ビスマルク|ビスマルク]]'''と呼ばれた。
 
==関連項目==