「上下」の版間の差分

 
;優劣
*成績評価の表現として、優であることを「上」、劣悪であることを「下」と表現する。特に、技量が優れることを「'''上手'''(じょうず)」、技量が劣ることを「'''下手'''(へた)」と表現する。
*囲碁や将棋で対戦者の力量に差がある場合は、強い側を『'''上手'''(うわて)』、弱い側を『'''下手'''(したて)』という。
*その分野における到達した位置の奥深さを指して「'''高い'''境地」なども、上下の位置関係優劣に置き換えた表現である。
 
;貴賎
*社会的地位や職場内地位など、序列が存在する場合には、貴い側すなわち治める側を「上」、賎しい側すなわち従う側を「下」と表現する。特に、この貴賎に基づく関係を「[[上下関係]]」という
*職場内階層では、命令を出す階層を「'''上役'''」、特に直属の社員を治める者を「'''上司'''」、直属で命令を受ける者を「'''部下'''」という。
*社会的地位の高い階層を「'''上流'''階級」、社会的地位の低い階層を「'''下流'''階級」という。
匿名利用者