「恒温動物」の版間の差分

m
 
[[マグロ]]や[[ネズミザメ]]では生涯泳ぎ続けることにより熱産生を行う。それと共に、体表面と体内部との間に[[奇網]]とよばれる、血管が絡み合った対流式[[熱交換器]]がある。これによって体中央部からの血液が暖かいまま冷たい体周辺部へ直接流れないように、また体周辺部からの血液が冷たいまま暖かい体中央部へ流れ込まないようになっている。[[アカマンボウ]]では、[[心臓]]と[[えら]]の間にも[[奇網]]があり、より体温を保持力が高く[[深海]]でも活発な活動が可能とされる<ref>{{cite news |title=アカマンボウは「温血魚」 熱を保ったまま体内循環 |newspaper=[[CNN]] |date=2015-5-18 |url=http://www.cnn.co.jp/fringe/35064632.html |accessdate=2015-6-6 }}</ref><ref>{{cite news |title=科学史上初の「恒温魚」、深海の生存競争で優位に 米研究 |newspaper=[[フランス通信社|AFPBB News]] |date=2015-5-15 |url=http://www.afpbb.com/articles/-/3048643 |accessdate=2015-6-6 }}</ref>。
<!--「アカマンボウが魚類で最初めに発見された恒温動物」、「機構がほ乳類とおなじ」というのは明らかな誤りであるため削りました。ホホジロザメの恒温性は20年以上前からわかっています。体温保持用の奇網はほ乳類では一般的ではありません(持っているほ乳類は多種類ある)。たぶん記者が学者の言ったことを正確に理解できていないです。原著論文を再参照した方がよいでしょう(おそらく、鰓の奇網が初発見&陸上温血動物とよく似ている、ぐらい)-->
[[カモ]]類など寒冷地の水鳥でも足と胴体の間にこの[[奇網]]がある。また、マルハナバチやミツバチも発熱部である胸部と放熱部である腹部の間に対流式[[熱交換器]]を備え、そこの血流量を調節することで放熱量を制御すると共に胸部温を保つ。