「サラダ油」の版間の差分

編集の要約なし
| url = http://www.nisshin-oillio.com/q_a/5_q5.shtml
| accessdate = 2008-12-01
}} </ref>。当時欧米では、生野菜に酢と塩と油を和えて食べること([[サラダ]])が流行していて、透明度が高く冷やしても白濁しにくい油が求められた。日清製油は、このようなサラダ料理にも使える精製度の高い良質の[[食用油]]として「サラダ油」を販売した。
 
近年では主原料である大豆の価格高騰により、サラダ油の価格も高くなっている。
匿名利用者