「異音」の版間の差分

m
 
== 概説 ==
日本語の[[は行|ハ行]]子音 /h/ には[[無声声門摩擦音]] {{IPA|h}},[[無声硬口蓋摩擦音]] {{IPA|ç}},[[無声両唇摩擦音]] {{IPA|ɸ}} という3つの異音がある。また、朝鮮語において音節頭の /p/ ({{lang|ko|[[ㅂ]]}})には[[無声両唇閉鎖音]] {{IPA|p}},[[有声両唇閉鎖音]] {{IPA|b}} の2つの異音がある。これらの異音は任意に現れるのではなく、前後の音環境によって現れる条件が決まっている。日本語の /h/ の場合、{{IPA|h}} は母音 /a, e, o/ の直前において、{{IPA|ç}} は母音 /i/ の直前において、{{IPA|ɸ}} は母音 /u/ の直前においてあらわれるというように「住み分け」がなされている('''[[相補分布]]''')。朝鮮語の /p/ も同様に、{{IPA|p}} は語頭において、{{IPA|b}} は語中(有声音間)において現れるというように、それぞれの異音が現れる条件が決まっている。このようにして、いかなる音環境で現れるかという条件が決まっている異音を'''条件異音'''という
 
朝鮮語の /p/ も同様に、{{IPA|p}} は語頭において、{{IPA|b}} は語中(有声音間)において現れるというように、それぞれの異音が現れる条件が決まっている。このようにして、いかなる音環境で現れるかという条件が決まっている異音を'''条件異音'''という。
 
一方、日本語において、語末に現れる撥音 /N/ ([[ん]])は[[口蓋垂鼻音]] {{IPA|ɴ}} と[[軟口蓋鼻音]] {{IPA|ŋ}} の2つがあるが、2つの異音が現れる音的な条件は必ずしも一定しておらず、発話ごとに、あるいは話者ごとに現れ方が異なりうる。このように現れる条件が決まっていない異音を'''自由異音'''という。
6,908

回編集