「フラウト・トラヴェルソ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
[[Image:Traverso 003.jpg|thumb|none|600px|フラウト・トラヴェルソ(4分割型,上方は[[音高|ピッチ]]の異なる替え管,復元楽器)]]
キーの付いたトーンホール以外は直接指でふさぐため、必然的にトーンホールの大きさが限られ、小さな音量しか出すことができない上、全体にややこもった暗い感じの音ではあるが、多様な音色を持ち、繊細で豊かな表現が可能である。音域はD4からE6までというものが一般的であるが、B6までの運指が知られており<ref name="OneKey"/>、A6あたりまでは出しやすい楽器もある。いわゆるD管であるにもかかわらず、楽譜は実音で記譜されたため[[移調楽器]]ではない。長調について考えると、D-dur([[ニ長調]])、G-dur([[ト長調]])、A-dur([[イ長調]])は比較的大きな音量で演奏できるが、それ以外の調では[[クロスフィンガリング]]によって出す弱々しく不安定な半音が多くなるため、演奏は容易ではない。つまり、[[五度圏]]の図で D-dur(ニ長調)から遠い調ほど演奏が困難になっていく。
 
1キーフルートは、今なお古楽器愛好家のために復元楽器が多数製作されている。いわゆるアイリッシュ・フルートもトラヴェルソの生き残りであり、こちらはキーの無いシンプルなものが多いが、クラシカル・フルートのような多キーのものも作られている。
 
== 構造 ==
[[File:Meyer Flute.jpg|thumb|300px|right|メイヤー式フルート(円錐管、10キー)]]
1847年の[[フルート#ベーム式フルートの登場|ベーム式フルートの登場]]によって、トラヴェルソの時代は終焉を迎えるが、トーンホールの径を大きくして音量を増すなどの改良が加えられた多キーのメイヤー式フルートは、フランスを除くヨーロッパやアメリカで、1930年代まで使われていた<ref name="Shouzou">前田りり子 『フルートの肖像(その歴史的変遷)』 東京書籍,2006年,ISBN 4-487-80138-9</ref>。
 
1キーフルートは、今なお古楽器愛好家のために復元楽器が多数製作されている。いわゆるアイリッシュ・フルートもトラヴェルソの生き残りであり、こちらはキーの無いシンプルなものが多いが、クラシカル・フルートのような多キーのものも作られている。
 
== 材質 ==
6,691

回編集