「マコモ」の版間の差分

→‎マコモダケ: 沖縄のイリチーを追加
(→‎マコモダケ: 沖縄のイリチーを追加)
{{仮リンク|黒穂菌|en|Smut (fungus)}}(くろぼきん)の一種 {{snamei|Ustilago esculenta}} に[[寄生]]されて肥大した新芽は'''マコモダケ'''(真菰筍、茭白。マコモタケとも)と呼ばれる食材で、古くは[[万葉集]]に登場する。[[中国]]、[[ベトナム]]、[[タイ王国|タイ]]、[[ラオス]]、[[カンボジア]]などのアジア各国でも食用や薬用とされる。
 
[[たけのこ]]を優しくしたような適度の食感と、ほのかな甘味、[[ヤングコーン]]のような香りがある。くせがなく、さっと茹でたり、グリル焼き、炒めものにも向いているほか、新鮮なものは生食してもおいしい。細かく刻んで餃子、ハンバーグ、チャーハンなどに用いることもできる。[[沖縄県|沖縄]]では[[イリチー]]に使用する。
 
収穫は秋で、新芽の根元がじゅうぶんに肥大したらすぐに収穫する。収穫が遅れると、組織内に真っ黒な胞子が混じるようになり、食感・食味も落ちて、商品価値は失われる。